トラック王国と自動車の年式

トラック王国と自動車の年式

車売却を検討している方々は、年式に関して不安を覚えている場合があります。やや年式が微妙な車をお持ちの方も、中にはいらっしゃるのですね。

 

一般的には、やはり10年落ちが1つのポイントでしょう。10年前に販売されているような車などは、ちょっと買い取り金額が厳しくなる傾向があるからです。現に業者によっては、そのような車の買取は難しく、有料引き取りになってしまう場合があります。

 

ですが中には買い取ってくれる所もありますので、車を売る上ではそのような業者を選ぶのが大事ですね。

 

低年式の車でも買取可能なトラック王国

 

ところで上記で申し上げた事は、トラックでも同様です。やはり年式が微妙な車の場合は、買取が厳しくなる場合があります。

 

であればどのような業者に売れば良いかというと、トラック王国などは良いのではないでしょうか。社名の通り、まさにトラックを買い取ってくれる業者になります。その業者では、やや年式が微妙な車でも買取は可能なのです。

 

トラック王国による低年式車の買取の事例

 

トラック王国では公式サイトにて、今まで買い取った車の実績を公開しています。例えばある時に、平成8年前後という年式の車を買い取っていたのだそうです。10年以上前に販売されている車ですので一般的には買い取り額は厳しくなりがちなのですが、トラック王国ではそれを200万円台で買い取っていたようですね。

 

そうかと思えば、平成3年に販売されている車を買い取っている事例もあります。それも200万円台で買い取っていますので、トラック王国ではやや年式や微妙な車でも買取は可能という訳です。

 

ですのでちょっと年式が微妙なトラック王国をお持ちなのであれば、その業者で査定を受けてみると良いでしょう。その業者ではかなりの高額査定が成立している事例もありますので、買取額も期待できると思います。

 

【CP80型】初代前期シエンタ買取相場