オークションと買取り業者の違いは車売却が成立する時間帯

オークションと買取り業者の違いは車売却が成立する時間帯

車の売却方法には、主に2通りあります。業者に売却をするか、オークションに流すかのどちらかですね。

 

両者の主な違いは、やはり売却額でしょう。一般的には後者のネットオークションの方が、高く売れるケースは多いですね。現に車買取業者によっては、来店客から買い取った車をネットオークションに流している所もあります。その代わりオークションは、手間はかかるのですが。

 

ところで両者の違いは、手間と金額だけではありません。時間も違いますね。
そもそも車買取業者の場合は、必ず査定を受ける必要があります。その査定の時間には、制限があるのです。業者の営業時間に合わせなければなりませんね。
一般的には、買取業者の営業時間は朝から19時前後までです。しかしそれも業者によって色々で、18時や22時の所もありますね。

 

たださすがに、夜中の3時まで営業しているような買取り業者はありません。ほとんどの業者は、朝から夕方までに設定されている状況です。
ところがネットオークションの場合は、そのような営業時間に関する制限を受けない事があります。なぜならネット媒体というのは、時間帯を問わず見られているからです。ちょっと極端な話ですが、真夜中の3時や4時などに車が落札される可能性もあるでしょう。ですのでネットオークションは、時間帯不問という訳ですね。

 

つまりネットオークションはいつ売却成立になってもおかしくないのですが、買取り業者の場合は朝から夕方の時間帯に売却成立になる訳です。ですので時間帯を問わずに売却できるという意味では、ネットオークションの方がメリットが大きいかなと思います。
ライフ 査定

 

ただその分ネットオークションは、手間がかかるのも事実です。ある程度のインターネットの知識は、やはり必要になるでしょう。